毎年流行するインフルエンザの治療薬として有名なタミフル、インフルエンザの発症後に服用するのはもちろんですが実は予防薬としても使えるという一面があります。タミフルの使い方を学んで、インフルエンザを撃退しましょう!

タミフルと蕁麻疹と就業制限について

インフルエンザの治療薬として有名なのがタミフルです。
一時期、副作用が原因で問題となりましたが、現在も有効な治療薬として活躍をしています。
タミフルといえば、副作用が怖いというイメージを持つ人は少なくありませんが、副作用が起きる割合は5%前後で、その症状は人によって異なります。
服用をする事で、腹痛や下痢、嘔吐や吐き気という症状が出る人もいれば、眠気や目眩、頭痛を感じる人もいます。
それ以外にも、湿疹や蕁麻疹等が起きる事もありますが、こうした症状が起きる可能性は低めとなっています。
問題になった異常行動は子供に起きやすい副作用で、成人の場合は、起きる可能性が低くなります。
その為、服用の際には副作用の可能性を意識しておく事が大切ですが、早く治したいと考えた場合には有効な治療薬です。
社会人の場合、インフルエンザになってしまった時の仕事の対応で悩む人は少なくありません。
仕事を休まなければいけないかどうかの対応は、新型インフルエンザか季節性インフルエンザかによって変わってきます。
新型の場合は都道府県知事による就業制限がかかる為、就業禁止となります。
会社から就業禁止と言われる事になりますが、休んでいる間、給料は発生しません。
それに対して、制限がないのが季節性のインフルエンザです。
この場合の対応は会社によって変わります。
ただ、インフルエンザというのは移る可能性も高いものであるだけに、かかってしまえばまずか完治を目指す事がおすすめです。
それにより、周りの人に移す心配がなくなります。
抱えている仕事がある場合は、会社とよく話し合い、最適な方法を見つけると良いでしょう。
インフルエンザはまず治すという事を考えておく事が大切です。

インフルエンザ関連記事