毎年流行するインフルエンザの治療薬として有名なタミフル、インフルエンザの発症後に服用するのはもちろんですが実は予防薬としても使えるという一面があります。タミフルの使い方を学んで、インフルエンザを撃退しましょう!

タミフルはインフルエンザという疾病の有効な治療法

タミフルはインフルエンザという疾病の有効な治療法です。経口摂取により服用するタイプの治療薬で、インフルエンザA型とインフルエンザB型両方の治療に有効です。1日2回、5日間服用するというのが基本的な服用方法で、インフルエンザの症状が出始めてから48時間以内に服用することで、インフルエンザウィルスの増殖を抑えて症状の悪化を予防し、早期回復を図ります。ただし、48時間を過ぎてから服用すると、薬の効果が著しく低下してしまうので、そこは注意が必要です。また、インフルエンザC型には効果を発揮しないと言われているので、そこにも注意が必要です。
タミフルというと、以前テレビのニュースなどで、タミフル服用による副作用として異常行動が出ることがあるというのが話題になっていました。このニュースによってタミフルという薬の存在を知った方も多いのではないかと思います。この異常行動に関しては、発生頻度や因果関係などに関しては不明ですが、主に10代の人に多く発生しているとされています。また、異常行動の他にも、下痢や吐き気やめまい、腹痛などの副作用がまれに起きることが報告されているようです。下痢や吐き気などの異常行動以外の副作用に関しては、10代に限らず大人にも発生しうるので、注意が必要です。
タミフルの副作用を報道するニュースなどにより、「タミフルは怖い薬だ」というイメージを抱いている方も、たくさんいらっしゃると思います。ですが、現在販売されている医薬品の大部分が、服用すれば副作用が起こる可能性はゼロではないということも念頭においておいたほうが良いでしょう。もし、インフルエンザにかかってタミフルを服用した場合、副作用が出ていないか、慎重に状態を観察することをおすすめします。

インフルエンザ関連記事