毎年流行するインフルエンザの治療薬として有名なタミフル、インフルエンザの発症後に服用するのはもちろんですが実は予防薬としても使えるという一面があります。タミフルの使い方を学んで、インフルエンザを撃退しましょう!

ノロ等の流行とタミフルが服用できる年齢と注意

冬になるとノロウイルスやインフルエンザウイルスの流行が毎年始まります。
どちらも感染力のとても強いウイルスでインフルエンザは学校等で流行すると学級閉鎖になる学校の話を耳にする人も多いと思います。
ノロウイルスの治療には残念ながら特効薬と言える薬はありません。
吐き気が酷く水分も摂取できないような場合には、脱水になるのを予防する為に吐き気止めが処方される事があります。
また下痢の改善の為に整腸剤が処方されたりと、対症療法といえる治療をして体の回復を待つ事になります。
嘔吐物や下痢の処理をして感染する事も多い為、手洗いを丁寧に行い塩素系のもので消毒するようにする事が大切です。
できる限り汚れた衣類等の洗濯も別々に行いタオルの共用も避けるようにしましょう。
そしてインフルエンザの場合は治療薬としてタミフルが有名だと思います。
タミフルは確かにインフルエンザウイルスにとても効果が期待できる薬なのですが、服用する場合は症状が出てから早めに開始する事が大切です。
理由としてタミフルはインフルエンザウイルスを除去するのではなく、体内でのウイルスの増殖を抑える事で症状を悪化しないように抑えて回復を早くする為の薬だからです。
その為発症後48時間以内に服用する事が大切と言われています。
タミフルは小児から大人まで様々な年齢の人に処方されている薬です。
小児の場合は体重等から計算された量が処方されますが、服用中は大人が側で見守る事が勧められています。
その理由として一時期テレビ等でも取り上げられた異常行動があります。
タミフル服用による異常行動は正確な確率等は分からないものの10代の年齢の子供に多いと言われている為、小児の服用中は異常行動が現れないか大人が側で見守る事が勧められています。

インフルエンザ関連記事