毎年流行するインフルエンザの治療薬として有名なタミフル、インフルエンザの発症後に服用するのはもちろんですが実は予防薬としても使えるという一面があります。タミフルの使い方を学んで、インフルエンザを撃退しましょう!

年齢別に見る水痘の発症と薬の服用とタミフル

水痘は水ぼうそうと言われ、主に小児期かかることが多い病気で、かゆみを伴った発疹が起こり、激しい発熱などの症状が伴うことがあります。水痘ウイルスと呼ばれるウイルスが感染されることで起こる病気のため、激しい発熱を伴った場合、インフルエンザに似た症状に陥ることもあります。
また感染力についてもインフルエンザと同じ様に水痘の感染力も強く、比較的に小さい子供であれば誰もが経験する病気となります。年齢別に見れば、水痘を発症しやすい年齢については9歳以下となり、生後4か月から4歳になるまでに発症するケースが多くなります。
ただ年齢別によっては重症化しやすいのも特徴的であり、特に1歳前後、7~10歳前後の年齢での発症が重症化しやすい特徴もあり肺炎や脳炎などの合併症が怖い病気です。実際に医師の診断を受ければ、赤い発疹が決め手になり、水痘と診断されることも多く、初期の段階では抗ウイルス剤や抗生物質などの飲み薬、塗り薬が処方されるので、それを服用すれば軽く済ませることが可能です。
また子供のための水痘のためのワクチン接種も行われているため、予防接種を受けることで予防効果も期待できます。抗ウイルス剤は早めに服用すれば服用するほど効果を発揮しますので、インフルエンザウイルスに優れているタミフルの服用と同じとなります。
タミフルも抗ウイルス剤となりインフルエンザにかかった場合、有効ですが、子供でもタミフルの服用は可能であり、子供向けのドライシロップの薬もあります。年齢別でみると9歳以下のケースで処方されるケースもあり、医師による説明を欠かすことができない薬になっています。
水痘と同じ様にインフルエンザは予防接種が奨励されますが、タミフルの場合はインフルエンザの予防でも服用できる独特の性質もあります。

インフルエンザ関連記事